ローンを組むか現金で買うか

マイカー購入は高い買い物です。一括で買うか、ローンを組むかは貯金の状況によっても変わってきます。一括での購入を勧める人もいますが、普通車で乗り出し300万円程度のお金を一括で用意できる人ばかりではありません。

 

また、最近では、ローンの金額を抑えつつ3~5年で新車に乗り換えられる、残価設定型マイカーローンもあります。

 

 

現金で買うとは

現金一括払いに説明は要らないと思います。その名の通り、現金で一括で購入します。ローンと違って利息が取られないので、一番安く変える方法といえます。途中で何かあっても、支払いが残っていないという安心感は大きなメリットといえます。

 

ただし、現金一括で変えるかどうかは本当に人それぞれです。住宅など高い買い物であればローンを組むのは一般的とも言えます。

 

また、現金で買うメリットとして確かにローンの利息は払わなくて済みます。ただし、現金一括だからといって、思ったよりも値引きの交渉はできません。ローンを勧めるディーラーの方が多い位なので、現金で買ってあげたからサービスしてほしいというのはあまり通用しません。

 

通常のマイカーローン

現金と違い、マイカーローンを組めば、貯蓄を貯める前でも購入ができます。とはいえ、頭金0円で購入するケースは少なく、頭金を用意して、差し引いた金額のローンを組みます。

 

マイカーローンを組むなら、ディーラー側でローン先を勧めてきます。もちろん銀行や信用金庫などで独自にマイカーローンを探してもいいのです。一般的にディーラーの勧めるローンは金利が高めですが、これは金利にディーラー側の利益も含まれているからです。

 

マイカーローンの金利を抑えるために、ローンは自分で探すという人は増えてきています。

 

ただし、ディーラーローンにもメリットはあります。値段やオプションの交渉はしやすいです。ディーラーローンはディーラー側の収益にもなりますし、その為のノルマを課している企業もあります。その分、交渉の上では優位に立てます。

 

また、自分で探すマイカーローンと比べると、ディーラーローンは審査に通りやすいというメリットもあります。金融機関などで借りる例えばJAのマイカーローンなどと比べると金利は高くなりますが、ディーラーローンの方が審査基準は低いのです。

 

残価設定型マイカーローン

最近増えているのが残価設定型マイカーローンです。これは、3~5年後に購入した車を手放す前提でローンを組みます。

 

例えば200万円で購入できる車があったとして、3年後の価値が100万円になると仮定します。残価設定型マイカーローンでは差額の100万円を3年かけてローンで支払います。これによって、毎月の支払額を抑えつつ、新車を購入できます。

 

問題は3年間のローンが払い終わった後ですが、この時に3つの選択肢から選びます。

 

1つは新車への乗り換えです。今まで乗っていた車は100万円で下取りに出すのでローンは終了、新しい車をまた残価設定型マイカーローンで組めば、同じグレードの車なら同じ位のローン負担で乗り換えられます。

 

2つ目の選択肢は売却です。マイカーを売却して、終了です。車が必要なくなったなら、新しく購入する義務もないので、これでマイカーローンは終了となります。

 

3つ目の選択肢は残価を再度ローン、または一括で返済です。車はそのまま乗り続けたいのであれば、残り100万円をまた返済していきます。残価設定型マイカーローンでも、残りの返済を続けるのであれば、車を手放す必要はありません。

 

残価設定型マイカーローンはディーラーも推奨している店舗が多く、金利面でも低めで優遇されているというメリットがあります。

 

通常のマイカーローンと比べると毎月の支払額を抑えられる点と、短い年数で新しい車に次々と乗り換えられる点があります。ただし、走行距離が規定を超えたり、破損や傷によっては、査定額が下がり、差額分を請求される可能性もあります。

 

実際に人気のある借り入れ先やマイカーローンのおすすめで調べてみると、残価設定型はあまり良いとされていません。金利は低く魅力があるように思えるのですが、デメリットが大きいために注意が必要となるのです。