現金払いのメリットとデメリット

自動車を購入する時の方法を大きく2つに分けると、現金一括払いとローンでの支払いがあります。実際に購入する時には、過半数がローンを組んでいると言われています。

 

マイカーローンも銀行などで組んだ場合、ディーラー側から見れば現金一括購入なので、正確なデータが集まりにくいのです。それでもマイカーを一括で購入するのは大きな買い物なので、マイカーローンを選択する人は多いです。

 

現金で払うメリットは何といっても金利がかからない点にあります。しかし、デメリットとして一括購入のハードルが高い点は否めません。日本国内も職業や収入が安定しなくなり、終身雇用制も崩れてきています。数百万円の現金をポンと支払えるかといえば、難しいという家庭は多く、それも今後も続いていくと予想できます。

 

実際現金で支払うとどれ位得をするかについては、比較するローンの金利や購入費用、返済期間などによっても変わるので、一概には言えません。

 

例えば200万円の車を現金1括で購入するなら、費用は200万円です。それをディーラーローンで金利7.0%、60回払いで購入したとします。この場合毎月の支払いは39,602円、完済までに支払う総額は2,376,120円なので、37万円以上もの利息を払う計算になります。

 

貯めるのが大変でも、現金一括を選ぶ人が多いのもうなずけるのではないでしょうか。ただ、どうしても車がほしくて手持ちのお金が足りない場合には、マイカーローンが便利となります。その際にはなるべくなら返済負担が軽くなるようにマイカーローン金利には注目して借りると良いでしょう。