残価設定ローンには気をつける

新しいマイカーローンの形として、残価設定型マイカーローンが増えてきています。自動車購入の際、毎月の支払いを抑えたいというと、ディーラー側から勧められる可能性も高いです。残価設定型マイカーローンにはメリットもありますがデメリットもあるので注意が必要です。

 

3~5年後の下取り価格を考慮して、差額分だけを支払えばいいので、毎月の支払いの負担は少なくて済みます。また、支払いが終わった後も短い期間で新車に乗り換えられるのも大きなメリットです。3年で乗り換えであれば、車検が不要というメリットもあります。

 

ただし残価設定型マイカーローンにはデメリットもあります。下取り時の査定額が下がる可能性があります。走行距離などの条件があるので、たくさん乗っている場合や傷がついた場合などには、差額分が請求されます。

 

また、ローンを支払った後に乗り換えるかそのまま買い取るかを選択できますが、引き続きローンで買い取った場合には、通常のマイカーローンよりも支払総額が増えてしまい、お得にはなりません。

 

残価設定型マイカーローンを検討するのにふさわしい人としては、毎月の支払いを減らして車を購入したい人や走行距離が少なめの人、後は3年~5年で車を買い替えていきたい人などが該当します。

 

基本的に残価設定型は新車の購入時に限られるので、中古車を購入する際のローンを探している方は中古車購入時のマイカーローンを探すようにしましょう。